研究員及び共同研究者からの寄稿ⅰ

「行動特性とリーダーシップと人間力」

 

(株)人材ルネッサンス

代表取締役 吉原俊一

 

リーダーシップとは何かという問題は、歴史的にみるといろんな方々が持論を展開されておりますし、学者の方々もいろいろ研究されております。現在は百家争鳴の状態といえるかもしれません。またリーダーシップの定義については、人によってさまざまですが、私自身は、「言動によって人に与える影響力である」ととらえております。

第二次世界大戦後のリーダーシップの研究の中では、リーダーシップ特性論、リーダーシップ行動論、リーダーシップ状況即応論、変革型リーダーシップ論など様々な理論が展開されておりますが、私自身は、その中でもリーダーシップ行動論が、リーダーシップを考えるときの一番の基本になるのではないかと考えております。すぐれたリーダーの行動に焦点を当てた研究です。

リーダーシップ行動論の共通するところは、何らかの課題を達成するために集団が存在するとしたときに、リーダーの行動を目標達成に向けた「課題達成の機能」と集団内の人間関係を調整する「人間関係に配慮する機能」の2つに分けてとらえたところです。

リーダーシップ行動論には、いくつか代表的な理論があります。日本発のものとして三隅二不二先生によって1966年に提唱されたPM理論が有名です。リーダーシップ行動論の中でも代表的な理論です。

簡単に紹介しますと、リーダーの行動をP(Performance:目標達成機能)機能とM(Maintenance:集団維持機能)機能に分けてとらえます。目標を設定し、計画を立て、メンバーに指示を出すなどは、P機能です。メンバー間の人間関係やチームワークがよい状態を維持・配慮するなどは、M機能です。リーダーシップをこの2つの機能の高低で分けて4つのタイプで捉えます。(PM型、Pm型、pM型、pm型です)なお大文字は、その行動が多く、小文字の場合は少ないことを表しています。研究の結果では、PM型がリーダーシップ発揮に最も効果的としています。

リーダーシップ行動論について紹介いたしましたが、人の行動というものを考えたときに、その人の行動は、内面的な意思・思想・思考のようなものから出てきます。内面的なその人の思考があって、その思考から行動が出てくる。人の内面的な思考と行動がつながって、その人のリーダーシップが発揮されます。そこに私が強く関心を持っている「人間力」というものが出てきます。

私自身は、以前から「人間力」ということについて関心を持っており、「人間力」とリーダーシップ行動の関係をもう少し深く研究してみたいと考えております。「人間力」とは何かということについては、「社会を構成し運営するとともに、自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力」(人間力戦略研究会)という定義があります。アメリカではどうも適切な言葉が見当たりません。あえて挙げるなら、「INTEGRITY」という言葉でしょうか。行動というものが人間の思考から出てくるものであるとすると、行動を起こそうとする人間の意志・思考と行動(経験から学んだ行動と新たに起こそうとする行動)がリーダーシップであり、人間力であるといえます。魅力あるリーダーシップを人間力ととらえる見方もあるかもしれません。

今後「行動」と「リーダーシップ」と「人間力」の関係をさらに深く研究したいと考えております。

2015年4月14日(火)