代表からのメッセージ


 

ユネスコと世界科学者会議の共催で1999年にブタペストで開かれた「21世紀の科学のための世界会議」で、地球と人類に生起する複雑な諸問題の解決のためには、科学と社会の新しい関係を構築することが緊急の課題であり、『社会ののための科学(Science for Society)』が重要であるとする宣言が採択され、15年が経とうとしています。

これまでは、心理学は心理学の領野だけ、生理学は生理学の領野だけ、更にそれぞれの分野は細分化され独立し、それぞれに培ってきた知見が相互に活用されることがない、という状況が続いていました。神経科学の多くの分野では様々な動物を対象として研究が行われていましたが、人特有の高次な社会性を生じさせる研究の場合には、動物実験では限界がありました。一方で、心理学では人の社会性の研究を、被験者に本人の思考や感情を直接尋ねるという、質問紙やアンケートによる内省法が主方法でしたが、個人主観のバイアスの影響が強く、客観的に認知、感情、情動の諸傾向を明らかにするには不十分でした。

しかし、生理学や心理学の最先端の研究では各フィールドの境界が取り払われつつあり、fMRIによる脳活動の計測データが心理学にも用いられるようになり、社会性に関する心理プロセスを脳の仕組みと合わせて理解しようとする研究が進展しています。例えば、ボランティア等の利他的行動は、社会的報酬に基づいた意思決定という心理学・社会学的なアプローチに加え、fMRIを用いた脳神経の一連の研究により内側前頭前野が重要な役割を果たすことが見出されています。バンデューラの社会認知モデルによるモデリング理論や自己効力感は、学習理論や社会心理学に大きな影響を与えただけでなく、臨床心理学、組織行動学、スポーツ心理学、ストレス理論などの分野に応用させれ、脳神経科学では認知的不協和という不快な感情状態は大脳前部帯状回で表象されていることも研究され、学際的な研究になってきました。

現在は、人間の社会性の研究は、本人の自己報告に頼るだけではなく、脳の活動(線条体の活動・変化)としてもアプローチされています。当研究所のメイン研究の一つである心理アセスメントにおいても、これまでの心理学や統計学のアプローチだけではなく、脳神経学の研究成果を取り入れて、理論や実践の再構築を研究しています。これまで、観察できない構成概念(思考や感情等)を取扱う心理学では、客観性の担保として、統計手法が重視されてきました。心理テストの開発に信頼性や妥当性が重要だと強調されるのはそのためです。最近はランダム化等の手法も取りいれられていますが、あくまで被験者の自己評価(自己認識の表出)に頼って解析をしていました。しかし、自己評価は自己認識の意識的な側面を現わしているだけで、自己認識に至る前の潜在意識は心理テストの対象に含まれておりませんでした。人間の行動には、意識的な面よりも潜在意識の影響の方が強いという研究が随所にあります。この両面を総合的に測定対象としない心理アセスメントでは不完全であり、被験者のプロフィール全体を顕わす分析としては不十分でした。そこで、認識している自己評価の分析ではなく、行動の分析が有効になってきます。行動には意識的な行動も無意識的な行動も含まれますから、全体性を損なうことなく研究の対象になります。更に、『行動』の心理学的な分析に加えて、脳神経科学による潜在意識の解析結果を総合することにより、より精緻な研究となっていくでしょう。

行動特性研究所では、心理学と生理学の先端的の諸研究成果を取り入れながら行動特性の研究をし、その研究成果を個人の成長と社会の発展に貢献したいと考えています。

 

(出典)

ブダペスト会議は、1999年6月26日から7月1日に、ハンガリーの首都ブダペストで、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)と国際科学会議(ICSU)の共催により開催された世界科学会議。