ホーム

ホーム

 

理念
行動特性研究所は、認知行動科学、脳科学研究、認知機能の研究、脳波による意思表現研究等の基礎研究と、その研究成果に基づいて、自己成長・キャリアデザイン、チーム・集団活性、メンタルヘルス等の幅広い領域において人と社会に貢献することを目的に設立された研究機関です。

 


 

研究所を設置
心のはたらきの基盤研究である認知科学、神経科学等を包含する学際的研究・教育活動を通して、心の学際的研究を目指しています。心の社会性に関する心理学研究、脳科学研究、認知機能研究、脳波による意思表現の解読研究等を行動特性に焦点を当て研究します。基盤研究を心理アセスメントによる行動特性診断、自己能力開発研修、組織活性化支援のフィールドに活用し、個人と社会に貢献します。 国内外の研究者による基盤研究とコーチングやカウンセリングのプラクティショナーとネットワークを構築し、上記の実践を目的に開設しました。

 

主な研究フィールド

<第1フィールド:行動特性と能力に関して>

  • 行動特性と自己認識との相関
  • 行動特性と能力(コンピテンシー)との相関
  • 学習効果、トレーニング効果の変化測定

<第2フィールド:行動特性と認知・感情心理学に関して>

  • 行動特性と認知・感情との関連
  • 行動特性と集団・組織特性との関連
  • 行動特性とキャリアアンカー・キャリアフィールドの関連

<第3フィールド:行動特性と脳神経学に関して>

  • 行動特性と情動・感情との関係
  • 行動特性と脳神経学との関連
  • 行動特性と地域・文化・民族との関連

主な実践活動フィールド

(1)自己成長・自己開発支援に関して

  • 自己理解促進研修
  • キャリアデザイン研修
  • グローバル・ビヘイビア向上研修
  • 専門能力向上研修
  • 個別カウンセリング・コーチング等

(2)チーム、組織活性化及び人材育成支援に関して

  • コミュニケーション力向上研修
  • 自己課題設定・目標達成研修
  • チームビルディング研修
  • マネージメント力向上

(3)上記プログラムの効果測定に関して

  • 心理アセスメントによる行動特性診断
  • 心理アセスメントによる行動特性の変化測定

(4)上記を担う人材の教育、育成に関して

  • カウンセリング能力向上研修
  • コーチング能力向上研修

 

 

 

banar